東区 (福岡市) - Wikipedia

東区(ひがしく)は、福岡市を構成する7区の行政区の一つである。 かつては全域が福岡市の旧市内(1889年4月1日に福岡市として市制施行)からは独立した郡部であった。現在では市内都心部に対してベッドタウンとしての色合いが濃く、福岡市の行政区の中で最も人口が多い。アイランドシティや、香椎操車場跡地再開発など、プロジェクトも多く、変化が著しい。

地理

区域は地図上における方角としては福岡市の北東部および北部といえる場所だが、福岡市民は一般的に福岡市の「東側」と見なしている。博多湾沿いを区域とし、北東端部の和白地区から海の中道と呼ばれる砂州が西へ約9kmにわたって伸びている。その先には陸繋島の志賀島がある。そのため区域はちょうど博多湾を三方から囲むような形になっている。   区の南側で博多区および志免町・粕屋町に、東側で久山町に、北側で新宮町に接する。区の南部を多々良川と宇美川が流れる。区の東側、新宮町・久山町との境界部には200~300m級の山がある。

主な地域

箱崎(はこざき): 区の南側、博多区寄りにある地域。もと糟屋郡箱崎町。古い町並みが残っており、筑前国一の宮で旧官幣大社の筥崎宮(はこざきぐう)がある。東区役所や九州大学も立地している。西側の海は埋め立てられて箱崎埠頭という埋立地になった。 香椎(かしい): 区の中央部にある地域。もと糟屋郡香椎町。区役所からは遠く離れているが、JR香椎駅や西鉄香椎駅を中心にした商業地が発達しており、東区の人の流れの中心である。また多数の高校が立地する文教地区でもあり、九州産業大学が立地している。西側にあった香椎潟は埋め立てられて香椎浜という埋立地となっており、そこには大型団地と商業施設、港湾施設等が建設された。さらに人工島、アイランドシティが埋め立てられている。仲哀天皇と伝説の神功皇后を祭神とした官幣大社・香椎宮(かしいぐう)がある。漫画「クッキングパパ」の舞台であり、漫画中では「花椎」と記されている。 千早(ちはや): 箱崎と香椎の中間よりやや香椎寄りの地域。もと糟屋郡多々良町の一部。旧JR千早操車場跡地の再開発でJR・西鉄千早駅を中心に高層マンションや商業施設が急ピッチで建設中である。この地域は香椎新都心と呼ばれることもある。 和白(わじろ): 区の北端にある地域。もと糟屋郡和白町。和白駅を中心に発達している。海寄りには和白干潟がある。 西戸崎(さいとざき): 海の中道の西端部にある地域。もと糟屋郡志賀町の一部。香椎線の終点である西戸崎駅と、博多港(ベイサイドプレイス)・志賀島への市営渡船乗り場がある。戦前は石炭の積出港および輸入原油の到着港として栄えた。 志賀島(しかのしま): 砂州により本土と陸続きになった陸繋島。もと糟屋郡志賀町の一部。島内にある志賀海神社は綿津見三神を祀る全国の綿津見神社の総本宮であり、「君が代」の神楽が奉納される神社である。また江戸時代には金印(漢委奴国王印)が出土した。 アイランドシティ: 香椎浜と海の中道の間に建設された埋立地。