~吉川住宅の家づくりは下記のポイントが標準施工です~

基 礎
強固な家づくりの土台 ハンチ工法と鉄筋の密度が重要

床組み
厚めの二重構造 根太も密に配置

建物内部
通気層を設け 常に乾燥した状態

内部の柱
柱の太さや密度も 標準以上が当たり前

建物外観
シロアリ対策も万全に 常に安全性を教えています

①地震・台風に強い作り  
②地球に優しいエコ商品  
③非ホルムアルデヒド系  
④雨に強い

基礎パッキン工法のメリットは、何といっても通気性です。基礎パッキンを敷くことにより、空気の通り道を確保します。 通気性を確保することによって、床下に湿気が充満することを防ぎ、土台の傷みを遅くします。 また基礎パッキンで隙間をとることで、コンクリートからの湿気が土台に直接伝わることを防ぐ働きも基礎パッキンのメリットのひとつと言えます。 シロアリの防除に関しても、健康住宅や地球環境保全に対する志向が高まっている近年では、揮発性の有害物質や化学物質などの安全性を取り上げられることが多くなってきました。 そのため、シロアリ駆除の技術も安全性を考え、薬剤の使用量を極力減量した工法を行っています。