断熱材はさまざまな種類がありますが、性能・健康・環境など総合的な面でセルロース断熱が 理想の断熱材と言えるでしょう。セルロース断熱には住まいを優しく守る特別な秘密があります。

断熱性能
熱の移動をしっかり阻止します。 断熱の役割は、住宅の温度変化をできるだけ小さくすることです。セルロース断熱は、熱の移動を効果的に阻止します。
防火性能 火に強く、万一の際にも安心です。 セルロース断熱は、独自の耐火加工と高密度加工で、燃えにくい断熱層を作ります。
防音加工 吸音性の良いセルロースを吹き付け工法によって隙間なく施工することで、非常に優れた防音性能を発揮します。
 結露防止 結露やカビを抑え、家を長持ちさせます。 木の繊維であるセルロースには湿気を吸放出する性質があり、そのセルロースを隙間なく高密度で施工するため、湿気の流動を抑え、結露を防止します。
健康建材 有害物質を放出せず、家族の健康を守ります。 セルロース断熱材は「改正建設基準に基づくシックハウス対策」で使用を規制されている建材ではありません。また、(財)建材試験センターで実施した、ホルムアルデヒドなどの「有害化学物質放出量測定」でも安全性が確認されています。 エコ建材 地球にもやさしい配慮がいっぱいです。 断熱は住宅のエネルギー効率を向上させるためのものです。言いかえれば、無駄なエネルギー消費を抑えられるということです。 省エネルギー:セルロース断熱は、一般に使われているファイバーグラスよりも、20~50%効率が良いというデータを得ています。 リサイクル:セルロース断熱の材料は、約75~80%がリサイクル新聞紙です。そのため非常に高いリサイクル率になり、資源を無駄にしないという点でも優れています。